土地売却時の注意点

yjtjd土地を持っているけれどもどうしたら良いかわからず持て余しているという人もいるのではないでしょうか。土地はただ持っているだけではむしろ固定資産税を支払い続けるだけでマイナスになってしまいます。土地経営ができない場合はできるだけ早く売却してしまう方が負担が少なくて済みますが、売りに出す場合はいくつか注意点がありますので確認してトラブルが起きないようにしたいものです。

土地の売却は「仲介」と「買取」がある

不動産売却の方法には仲介と買取の2種類があり、どちらも不動産会社を通す必要があるのですが、方法、総額でかかる費用が変わってきます。まずは仲介の場合ですが、不動産会社が代理で購入希望者を探してくれるので広告宣伝費用や手数料が必要になります。また、売却時期が購入者が見つかり次第となりますので、いつとははっきり言えませんし、購入者が見つからない場合もあります。一方買取の場合は、不動産会社に直接売ることになりますので、広告宣伝費用や手数料は必要ありません。そしてすぐに売却できるというメリットがあります。これだけ見ると買取の方が圧倒的に良いように感じますが、買取価格は買取の方が仲介よりも安くなる傾向がありますので、手数料や広告宣伝費用を差し引いた金額と買取価格を比較検討する必要があるでしょう。

土地の相場を知って無理のない売買金額の設定を

そもそも土地を所有していても土地の相場についてはよくわからないという人が多いと思いますので、まずは相場を知ることが大切です。売りに出そうと思っても地域の相場に見合った金額でなければ売れません。それを知るためには一括査定をしてもらうことが一番早いでしょう。多くの不動産会社の査定を比較検討できますので、その平均値が相場ということになります。また、地域密着の不動産会社にも査定をしてもらうことをおすすめします。近いうちにスーパーができる、コンビニができるなど地域密着だからこそ把握している情報があるので、それらを含めて査定をしてもらえるからです。大手は有名で安心できるかもしれませんが地域のニーズには詳しくないところもありますので、すぐに決めるのではなく数社を必ず比較検討しましょう。

実測売買と公簿売買

yjd
古くから土地を所有している場合は、土地の面積が記録と異なる場合がしばしばあります。その際によく起こるのが買主とのトラブルです。これを避けるためには2つの方法があります。1つは土地の総額を決めてしまい、値下げ等をしないとい公簿売買と呼ばれる売り方をするという方法。もう一つは実測売買という契約が決まってから土地をもう一度測り直してその面積に応じて総額を決定するという方法です。公簿売買の場合は買主がよく理解していない場合は面積のことで後から揉めることもあるのであらかじめしっかり説明が必要ですし、実測売買の場合は測量にかかる費用を売主と買主どちらが負担するのかあらかじめ決めておくことが重要です。

更地にして売るのか、建物付きで売るのか

更地の方か買主が早く見つかりそうな気がしますが、建物自体が古くなく、リフォームして住める程度であればそのまま売りに出しても買い手がつく場合がありますし、最近は古民家が流行っていることもあり田舎で趣のある建物であればそのまま売れる場合もあります。解体費用もかかるので更地にしたほうが良いのかは不動産会社としっかり相談してどちらの方が利益が出るのか見極めましょう。
土地売却の手続きはお任せください http://www.bellecora.com/

what's new

2016-11-09
土地売却時の注意点の内容変更。
2016-11-05
狭くても大丈夫!都会の土地の活用法を新規投稿。
2016-11-04
持て余してない?田舎の土地の活用法を新規投稿。
2016-11-03
土地売却待った!活用できるなら土地活用がおすすめを新規投稿。
2016-11-02
土地売却の前に!古くからの土地はもう一度測量をしておこうを新規投稿。
2016-11-01
サイトマップを新規投稿。
2016-11-01
企業概要を新規投稿。
2016-11-01
一括査定で相場を知ろう!土地を高く売るためのポイントを新規投稿。